キャッシングの審査とはという基本に迫る

信頼出来る業者を選ぶことが第一歩 現在、非正規雇用者が年々増えているという現状があります。そのため、安定した収入を得ることができていない人も多くいます。実はキャッシングを利用する人の多くは、こうした安定した収入がない人が多いと言われています。

とはいえ、最近では審査なしでキャッシングできるという消費者金融の会社もあります。審査がないと簡単にお金を借りることができると思いがちですが、実際はそうではありません。ここでは、キャッシングにおける審査について記したいと思います。

一口に審査といってもどのようなことをするのでしょうか。一つ目は収入を審査します。どれほどの収入があるのかによって、借入できる金額の限度が変わってくるからです。2つ目は、在籍を確認します。つまり現在勤めている会社に本当にいるのかどうかを確認します。3つ目は、過去にキャッシング暦があるのか、現在他の業者からキャッシングしているのかどうかを調べます。

よく即日キャッシングするという会社は、収入を調べるための収入証明書の提出が不要であるというケースが多いです。そうすることで、手続きを簡素化し、すぐに審査が通るようにします。

とはいえ、審査が通りやすい業者の場合は、一般的に金利が高く設定されています。それで、必ず他の業者と比較することは大切です。

借り入れ金額によって借り入れ先をセレクト

カードローンというと、銀行系の会社と消費者金融系の会社とがあるというのは一般的に知られています。どちらのローンも金利に大きな差があるわけではありませんが、大きな融資を受けようと思っている場合は、銀行系のカードローンを申し込むのがいいでしょう。

逆に、少額しか必要ないという場合は、消費者金融系のカードローンがおススメです。消費者金融は金利が高く設定されていますので、借り入れが大きい場合、利息がかなり増えてしまいます。なので、たくさん借り入れをしたい場合は銀行系、少額の借り入れでいい場合は消費者金融系で無利息で貸し出しをやっている会社などを使って借りるのがいいですね。

いざ借り入れするとなると、大事なのが金利になってきます。大して金利が変わらないからどこでもいい・・・それではだめです。長期間に渡って返し続けて行くとなると、ちょっとの差がトータルでは数十万円、いや数百万円の差になってしまいます。ですので、申し込む前にきちんと会社のホームページなどで金利の確認をしておく事が大切です。

銀行系も消費者金融系もそれぞれメリット、デメリットがあるもの。メリットだけを活かして、うまく利用出来るといいですね。

キャッシング返済遅滞時のベストな対処法

大きな買い物をするときに、何かと重宝するのがカードローンです。ただ借り入れが終われば、あとは毎月地道に返済することになります。ただ時として返済ができない場合があります。そのような時は、どういしたら良いのでしょうか。

カードローンの返済がどうしてもできないとき、ついつい業者に言いづらくてそのままにしている・・そんな状況は、絶対に避けるようにしましょう。たいてい、そのまま放置していると書面が届き、○月★日までに返済するよう指示されます。書面が届いてからでも良いですが、できればすぐに会社へ連絡するのがベストです。

業者側に支払えない旨を告げると、なんらかの相談がおこなわれます。たとえば、1万円分でも払える分だけ今すぐ返済し、残りはボーナスで返すといったように、返済能力に応じた対応を取ることもあります。相手も人間ですし、不愛想に受け付けはしませんので安心してください。

その後、無事返済ができていれば、ブラックリスト入りになることはありません。ただ、会社独自の情報として記載している場合はあります。3カ月以上の遅れがあると、他の融資ができなかったり、将来希望の借り入れができなくなることがありますので、十分気をつけましょう。